Swift のインストール方法


2014.6.2 Apple社より「Swift」というプログラム言語が公開されました。

ちなみに、6月時点ではAppleデベロッパーのみの公開となり、一般に公開となったのは同年9月からとなる。

 

・Swift とは(wikipediaより抜粋)

Swiftは、アップルiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語Worldwide Developers Conference(WWDC) 2014で発表さ れた。アップル製OS上で動作するアプリケーションの開発に従来から用いられていたObjective-CやObjective-C++、C言語と共 存することが意図されている[3]

Swiftは、マルチパラダイムのコンパイラプログラミング言語であるが、XcodeのPlaygroundsの上やターミナルでインタラクテ ィブにデバッグする事が可能である。

LLVMコンパイラが使われており、ライブコーディングに対応していることが特徴[4]

並列スクリプト言語のSwift英語版とは名称を同じくするが、別言語。

 

・Swiftの歴史

Swiftは2010年にLLVMの始祖であるChris Lattner英語版によって開発が始められた。その後Apple社内での4年間の開発期 間を経て、2014年のWWDCにおいて一般に発表され、同時にAppleに開発者登録している開発者に対してベータ版の提供が開始 された。

 

・Swiftの特徴

AppleはSwiftの発表に際して「モダン、安全、高速、インタラクティブ」を大きな特徴として挙げた。

 モダン

クロージャやタプル、ジェネリックプログラミング、Optional型の採用などが挙げられる。

 安全

静的な型チェック、変数の初期化の強制、数値型のオーバーフローの検査、自動参照カウントによるメモリ管理などが挙げられる。 また、if文のブレースの省略禁止、switch-case文は明示的に指定されない限りフォールスルーしないなど、既存のプログラミング言語において記述ミスによるバグが発生しやすかった部分を文法的に解決している。

 インタラクティブ

Swiftはコンパイラ言語でありながら、インタプリタとしてスクリプトを実行することも可能で、対話実行環境(REPL英語版)も用意されている。 Swiftと同時に発表されたXcodeバージョン6では、コードの実行結果をグラフィカルに確認しながら開発できるPlaygroundsが実装された。

 

と言われている。

早速「Swift」を使ってみる。

 

・インストール方法

Xcode ver 6以上をダウンロード以上!!w

※Xcode 6以上に Swiftが組み込まれているので、特にSwiftの為にすることはない。

https://developer.apple.com/jp/xcode/downloads/ 

 

・Xcode を起動して、Playground を起動

Swift_インストール

 

Swift_インストール_2

 

Swift_インストール_3

 

 

あ〜ら、簡単に実行環境ができました。

この Playground の特徴は即時実行結果がわかる環境となっています。

標準出力の結果も右側の表示されています。

 

 

以上、Swiftをインストールする方法でした。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です