Unity × HTC Vive で超簡単にオブジェクトを掴む方法

VR上で物を掴む方法。
自分で実装してもいいけど(できるのなら)、VRTKを使用すれば簡単に実現できます。

まずは今回作成するUnityPJを作成します。

 

次にAsset StoreにいってVRTKをげとします。

 

あと、一番大事なSteamVRもインポートしないと動かないのでげとします。

インポートできたら、実際にVRTKを触ってみます。
構成は、VRTK - Examples - scene となります。

005が物を掴むサンプルになるので、こいつを開いてみます。

Unity上のサンプルシーン005

VR操作中のシーン

実際に物を掴んでるところ
Viveコントローラのトリガーの下にあるサイドボタンみたいなんをクリックすれば掴めます。

次は、自身の作ったオブジェクトまたは、AssetでげとしたかっこいいオブジェクトにもVRTKで実装されているコントロールをアタッチしてみます。

ExampleObjects - Cube_NoHightlightOnTouch にアタッチされているスクリプトを確認します。


以下の3つのスクリプトが確認できたので、それを任意のオブジェクトに追加していきます。

  • VRTK_InteractableObject
  • VRTK_FixedJointGrabAttach
  • VRTK_SwapControllerGrabAction

追加した任意のオブジェクトにスクリプトをアタッチして、
Grab Attach Mechanic Script, Secondart Grab Action Script に自身のオブジェクトを紐づけます。また Is Grabbable にチェックを入れて実際につかめる状態にします。
※Box Collider, Rigidbody は追加。

刀オブジェクトを追加して~

Vive コントローラのトリガーの下にあるにぎにぎボタン(名前しらん)で掴むことができました。

これでSAOの世界の第一歩となりました。
早くスターバーストストリームを実現してみたいですが果てしなく遠そうです。というよりできてもめっちゃ酔ってしまいそう。。。


関連キーワード
VR, 未分類の関連記事
  • Unity × HTC Vive で超簡単にオブジェクトを掴む方法
おすすめの記事
iPhone
Ketone Calculate (iPhone) Introduction   Gult-1 abnormality for the pe...
Mac
最近持ち家を買おうか迷っています。 とりあえず住宅ローン試算表でも作成して現実的かどうか判断する為に簡単に作ってみました。 こちらからダウン...
Swift のインストール方法
Mac
2014.6.2 Apple社より「Swift」というプログラム言語が公開されました。 ちなみに、6月時点ではAppleデベロッパーのみの公...
古い iMac をサーバー化
Mac
久々のブログ更新。 特に書きたいと思ったわけではないんやけど、 古い iMac をサーバー化しようと思って待ち時間が暇なので、 ブログを書...